各診療科目・専門外来のご紹介

腎臓内科

①概要

腎臓内科では、血尿や蛋白尿のある方の精密検査や慢性的に腎臓の悪い方の治療を行っております。血尿や蛋白尿を認める場合は、腎生検を含めた検査を行い原因に応じた治療を行います。また、腎機能が低下していらっしゃる方は、それが急激な変化であるか慢性的な変化であるかを判断し、可能な限り腎機能が長く保てるように診断・治療を行います。それでも腎機能が悪化する場合は、腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)についてご説明させていただき、ご選択に応じた治療が提供できるようサポートいたします。

当院では血液透析の導入は行っておりますが、維持透析はご自宅に近い透析施設へご紹介をさせていただいております。腹膜透析や腎移植には対応しておりません。

またシャント手術につきましても、部外の病院をご紹介させていただいております。

②対応疾患

慢性腎炎症候群、ネフローゼ症候群、急性腎障害、慢性腎障害

③実績

腎生検:年間約7-8件、血液透析導入:年間約10件

④腎生検について

腎生検とは、腎臓に針を刺して組織の一部を採取して顕微鏡で観察する検査です。

これにより、腎臓の中で何が起きているかを知る事ができ、確定診断ができると共に今後の病期進行の予測ができます。全例に実施出来ればよいですが、出血のリスクや入院の必要性があるため、適応を見極めさせていただき、患者さんとご相談した上で実施します。

適応と禁忌は以下になります。

合併症には出血があるため、腎生検の後に絶対安静が半日程度あります。


当院の腎臓内科外来は火、木の午前中、水曜日の午後(再診のみ、予約制)に実施しております。受診をご希望の方は、まず当院代表にお電話頂き、ご予約していただけますようお願いいたします。

血液透析センター

当院の血液透析センターは、維持透析を受けていらっしゃる方が手術を受けるための入院透析や腎臓内科にかかりつけの方の血液透析導入のために、5床の透析ベッドにて運用しております。O-HDFやI-HDFに対応可能です。
維持透析や旅行透析には対応しておりません。

腹膜透析も実施しておりません。

シャントトラブルの対応も行っておりません。

状態の悪い方のCHDFやPMXなどはHCUにて対応しております。

ご予約受付  平日14時~17時、土曜日9時~12時
        ※新規患者様の場合、火木の午前中に2名までご予約をお取りして
        おります。 
当院代表   TEL:092-939-0010

診療科目

専門外来

×