リハビリテーション部

脳血管疾患等リハビリテーション

 脳血管等リハビリテーションでは脳血管疾患等発症後、早期より十分なリスク管理のもと、リハビリテーションを実施しています。

 当院では365日、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が介入し、脳画像や必要な評価から患者さまの予後予測を行います。それをもとにそれぞれの患者さまに対して機能改善や早期退院、社会復帰等の目標設定を行い、個別のリハビリプログラムを実施します。

急性期では、発症早期より、ベッドからの離床や麻痺側を積極的に利用した起立訓練・歩行練習・上肢機能練習・日常生活動作練習を行います。必要に応じて装具療法や電気療法などを実施し、更なる機能改善を支援しています。

また、回復期リハビリテーション病棟では、さらなる質の高い日常生活能力の改善や社会復帰を目標に、患者さまご家族との目標を共有しながら、リハビリ専従医・看護師・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士とともに、計画的な脳血管リハビリテーションを実施しています。

各種リハビリテーションのご紹介

×