部門・ センターのご紹介

臨床工学課

臨床工学課のご紹介

当院の臨床工学課は臨床工学士・救急救命士・視能訓練士の職種で構成されています。
業務は多岐にわたりますが、スタッフ全員Fish精神に則り毎日楽しく業務に従事しています。

臨床工学技士は医師の指示のもとに生命維持管理装置の操作及び保守点検業務を行います。 また、医学と工学の知識を併せもち、高度複雑化した医療機器の安全な運用に携わっています。 当院では、14名の臨床工学技士で安心・安全で良質の医療を提供できるよう日々取り組んでいます。

業務内容

血液浄化業務

高圧酸素業務

高圧酸素業務
▲治療前後の装置点検、治療中の患者様の経過観察、装置の操作・緊急時には24時間対応

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル業務
▲心臓力テーテル室の物品管理
心臓カテーテル業務
▲冠動脈造形検査や経皮的血管形成術、電気生理検査等、
ペースメーカー植え込み立ち会い等の業務検査・治療において
医師の直接介助業務緊急時には24時間対応
心臓カテーテル業務
▲PCPS、IABP等の補助循環装置やIVUS.octの操作

OPE室業務

OPE室業務
▲手術室における医療機器
(麻酔器等)の保守管理
OPE室業務
▲自己血回収装置の操作

ペースメーカー業務

ペースメーカー業務
▲循環器内科医師と共にペースメーカー外来を行っています。
ペースメーカー業務
▲プログラマーと呼ばれる機器を使用し、体内に植込んだペースメーカーの電池残量や
作動状態などをチェックし、最適な動作状態を維持できるようにしています。

呼吸療法業務

呼吸療法業務
▲人口呼吸器使用前・後点検、使用中点検・当院からの患者搬送の付き添い

内視鏡業務

内視鏡業務
▲内視鏡検査の準備、内視鏡の洗浄・消毒、
内視鏡関連機器の管理や各検査処置の補助操作等

機器管理業務

機器管理業務
▲除細動器の点検等、様々な医療機器の保守管理の業務を行っています。
機器管理業務
▲シリンジポンプや輸液ポンプの点検・貸出
機器管理業務
▲院内で使用する医療機器を集中管理することによって「機器の購入、運用、保守、廃棄、更新」
にわたる機器のライフサイクルを通じて機器の性能の維持、安全性の確保に努力しています。
また、医療機器の保守点検技術講習会へ積極的に参加し、部内で修理や部品交換を行うことで修理、
保守費用の縮減を行っています。

視能訓練士業務(眼鏡業務)

医師の指示の下、眼科一般検査・手術前検査・視野検査などの特殊検査を行っています。
また、健康診断の眼科検査や目の病気のある患者様への見え方を少しでも良くするために眼鏡合わせも行っています。

救急救命士業務

主に救急災害センターにて、医師や看護師のマンパワーを補うアシスタントとして診療効率を向上させることを目的に業務を行っています。

×